banner

いずみホールディングスの収益構造の改革

これまでの食品卸業者の収益は、商品の仕入価格と販売価格の差益によるものが主体です。

従来の流通では、生産者から消費者まで平均7社の中間業者が介在しているため、その中間業者ごとに手数料がかかり中間業者を経由するたびに価格が上昇するということになってしまいます。
しかし「株式会社いずみホールディングス」では、一元管理することにより生産者から消費者を近づけて、大幅なコストの削減に成功しました。
また、流通過程の外に新たなマネタイズポイントを設けて「新しい時代の卸売市場」を創ることを可能にしました。
さらに、「株式会社いずみホールディングス」はプラットフォームによって、全国約10000店舗の飲食店や量販店に広告・情報を届けることができるんですよ。
その上、地域の特産品、観光情報を消費者に届け誘致支援を行うことで、地域創世に繋げることができます。
飲食店などで、多くの人に直接食べてもらうことによって、地域と商材を知ってもらい観光の誘致や産地で運営するECサイトの売上拡大に繋がる効果も期待できます。

興味のある方は、ぜひ一度サイトを覗いてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) http://www.mananara.net/