banner

ゲストハウスから東京の生活を始める

上京してきたとき、まずはじめにやるのが家探し。
しかし家を探すにも拠点がなければならない。
来てその日のうちにアパートが決まるわけでもなく、アパートを見つけるために何度も状況を重ねるのもなんだ。
そんなとき、ゲストハウスを拠点にすると家探しもやりやすい。
東京都といえどゲストハウスは安いところもある。
8畳の部屋に2段ベッド二つある4人部屋なんていうものあるが、家賃は都心でも4万円とかである。
はじめはちょっとしたカルチャーショックを受けるかもしれないが、人間は慣れるものだ。
こういうところで1ヵ月、2カ月暮らすうちに、納得ゆくまで家探しをすることができる。
ゲストハウスは出入り自由。
敷金だの礼金はほぼなし。
家探しのための短期滞在にはもってこいなのだ。
いい家が見つからなければ一月延長すればいい。
しかもこういうところは色々な人が集まってくるため、何かと情報も入りやすい。
東京の地理がいまいち分からなくても、ゲストハウスの人々に聞けばなんとなく地理感覚も養える。
しかし、一つだけ難点がある。
居心地が良すぎて、2カ月どころか半年、1年と居ついてしまい、そのうちには住みついてしまうことだ。
それもまあ東京とゲストハウスの魅力なのかもしれないが。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.mananara.net/