banner

屋根の温度が太陽光発電システムの導入で変わります

住まいに太陽光発電システムを取り入れることにより、パネルを屋根に設置した場合、屋根の温度が大幅に変わります。
パネルを取り付けている場合と取り付けていない場合とでは、前者のほうが夏は涼しく、冬は暖かくなることが知られています。
ほんの少し違う程度なのではないかと思う方もいるでしょうが、夏は10度ほど低く、冬は5度ほど高くなるという調査結果も出ています。

そしてこのことによって、金銭的なメリットを得ることができます。
今は住まいにエアコンを設置している方は多いでしょう。
太陽光発電のパネルを屋根に取り付けることで、取り付けていない場合より夏場は涼しく、冬場は暖かくなれば、エアコンの温度を過度に低くしたり高くしたりする必要がなくなります。
エアコンは設定温度を1度変えるだけで10%電気料金が変わるともいわれています。
太陽光発電システムを取り扱うおすすめの企業としてはブルーコンシャス株式会社をあげることができます。
Webサイトも開設、運営されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.mananara.net/