banner

より良いサービスの提供を常に目指しているEH株式会社

「いいもの真っすぐ」という大きなテーマを掲げ、製造小売事業を展開しているEH株式会社ですが、それを実現する為に、独自の道を歩んできたようです。
まず物を作り、それをお客様に提供する為には、作る側が「究極のサービス業」、「いいもの真っすぐ」という意識を持ち、それに順じた活動が必要となります。
大げさに言えば、売れる、売れないは二の次、最も重要なのは、お客様に喜ばれる商品を、感謝されるだけの商品を作り出すことが一番大切であると考えているのです。
この方針がEH株式会社に勤める全社員にしっかりと浸透するように、それと同時に一個人の人間性を磨く為に、人間教育という研修を定期的に行っているそうなのです。
一社員である前に一人の人間としての成長を望む、それが後々になって企業の力となる。
こうした考え方には、同じサラリーマンとして働く私も、憧れと尊敬する思いでいます。
経済が不安定の今、とかく売れる物を優先的に作り、少しでも売り上げを伸ばそうとする企業が多いようですが、これも決して悪い事ではありません。
売れるということは、お客様がそれを必要としているということなのでしょう。
しかしEH株式会社の企業理念を読み込んでいきますと、更に一歩踏み込んだお客様に対するサービスを、と考えているように私には思えました。

Copyright(c) 2012-2013 http://www.mananara.net/